中学生 防犯

近頃、子どもを狙った犯罪が増えているということもあり、不安に思われている親御さんも多いですが、犯罪から身を守るためには親だけでなく子ども自身にも、自分の身は自分で守らなければならないということを認識させる必要があります。そのためには、日頃から子どもに防犯ブザーなどの防犯グッズを持たせておくことも大事で、常日頃お子さんに防犯ブザーを持たせているという親御さんも多いですが、中学生くらいにもなると防犯ブザーを持ちたがらないお子さんも少なくありません。しかし、中学生にもなると登下校はもちろん、塾や買い物にも一人で行くことが増えるなど行動範囲も広がる傾向にあり、その分危険性も高まっていきます。そのため、中学生になったからといって、防犯グッズを持ち歩かないのは今の時代大変危険であるといえ、子どもが犯罪に巻き込まれないためには、たとえ中学生や高校生であっても携帯させることが大事です。

定番のおすすめ防犯グッズの種類&機能

防犯グッズの定番である防犯ブザーは、ボタンを押したり、ヒモを引っ張ることで、大きな音を鳴らすことのできるもので、小さなお子さんでも容易に周囲の人に異常事態を知らせることができます。防犯ブザーはボタンを押すだけ、ヒモを引っ張るだけで大きな音を出すことが出るので、仮にお子さんの声が出せないような状況に陥った場面でも有効です。また、最近では子ども向けの携帯電話も増えていますが、ほとんどの子ども用携帯電話にはGPS機能が付いているため、親御さんも自宅や職場でもお子さんのおおよその居場所を確認することができるようになっており、携帯電話を携帯させるのも一つの防犯対策になるといえます。その他にも、今はスマホを持つお子さんも増えていますが、無料で利用できる防犯アプリなどもあるので、防犯ブザーを携帯するのに抵抗のある中学生・高校生のお子さんにはこうした防犯アプリをスマホに入れておくのもいいでしょう。

中学生のお子さんがいる方必見!最新の防犯サービスとは?

最近ではスマホを持つ中学生も多いですが、近頃はスマホを利用した便利なアプリやサービスも続々と登場しています。子ども用携帯電話のようにGPS機能が付いている携帯電話もありますが、中学生くらいになるとスマホを持ちたがるお子さんも多く、子どもの居場所を確認するのが難しくなります。しかし、そんな時は鉄道会社が行っているサービスがおすすめです。登下校をはじめ、塾や友達との外出など、中学生くらいになると電車を利用する機会も増えてきますが、一部の鉄道会社ではお子さんの改札通過をメールでお知らせしてくれる見守りサービスを導入しているところも増えてきています。入会金等なしで月々500円程度と料金も格安なほか、履歴管理のできるものもあるので中学生の子供がいる親御さんにとってはぴったりの防犯サービスとなっています。

見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! 当社のサービスは、電車通学をしている幼稚園から高校生のお子さまがいらっしゃる、お父様お母様など皆様におすすめです。 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 中学生だって防犯対策!!子供見守りサービスまもレール