ひとつの吉野織の着物で二つの着こなしを

吉野間道に流水の絣を織り出した豪華な吉野織の着物を女性らしく着るにはコチニールと日本茜で染めた糸で織り込んだ色合いの強さを優しい色合いの錦織帯とあわせることで若々しくはつらつとした着こなしになります。吉野間道の訪問着を花を織り出したきれい帯で優しい色合いに導いて女らしさをアピールするのがポイントです。一方、同じ吉野間道の全体をこっくりとさせるためには黒地帯でまとめるのがよく、黒地のペイズリー帯でダークトーンにまとめることでスタイリッシュな仕上がりになります。紺のぼかしの帯締めとバッグをあわせて全体の色数を少なくしてモードっぽさをだすのがコーディネートのポイントになります。半衿を幾分細く出して立体的ながらも横に張り出さないヘアスタイルで決めれば、スタイリッシュに決めることが可能です。自分の気分や外出先のシーンにあわせて着こなしをかえることで着物ライフも充実します。

着物の染や色を楽しむ黄八丈の着こなし術

経糸に絣で染めたグレーと刈安の黄色で並べた一組と刈安の黄色とマグミ樺色を並べた一組を交互に並べ白の緯糸変わり市松に織った珍しい色の黄八丈の着物は日陰と日向にいるときでは全く違った色に見える魅力があります。光により色が変わる着物は帯によっても劇的に変化しコーディネートの妙が楽しめる一枚です。京繍で八重桜を描いた帯を合わせ、はんなりとした着こなしで女性らしい美しい装いになります。同じ綾織り市松黄八丈にすっきりと明るい空色地の帯が調和されれば清爽な雰囲気をかもし出します。昼のお出かけ向きの個性的な色合いが効いたコーディネートとなり、洋服が多いシーンでも和服であることがそう目立たないので現代的です。空色地幾何学模様の帯のみで色数を少なくしておくのがポイントになります。着物自体の色の変化を楽しめるので色を混ぜすぎないことが重要です。

春を奏でる作家着物とは

ぜいたくな織りの真髄に出会えるのが作家着物です。草木染の紬に織り出した飛来は、染めの紬の肩と裾に折り枝を絵絣で配した一枚になります。絵絣の上には明るい色糸が織りいられており、素朴な表情をみせ着る人を魅了する心温まるものが宿っています。また、意匠構成の大胆さを愉しんで織られた松の緑は刈安をかけて緑を染めた色が印象的な一枚です。グレーに仕上げる部分の糸はバラの茎で染められています。そして、春の印象を格子に語らせた春がきたは、コチニールで桜の色を、刈安とグレップで黄色に染め、大きな格子に織られた作品になります。ほかにも沖縄の光と風を駒上布にこめた彩という作家着物は夏の織物で経糸にセリシンを残した糸を使うことで、しゃり感と透け感を出した絹織物です。琉球など美しい糸をグラデーションに織り上げた一枚になり6月から9月中に着ることができます。

多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 お客様の要望に応えられるような企業にするため、数々の実績を糧にしてきましたので、必ず満足していただけると言えます。 呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 着物のレンタルが必要なときにいつでも!