リーズナブルな着物の着付け教室

着物の着付け教室に通いたいけれど、どれを選ぶべきか分からない人もいるでしょう。全国展開している教室や、大手呉服店直営の教室など、着付け教室にはいくつか種類があります。もしも費用を抑えて自力での着付けを目指すなら、近場のカルチャーセンターや自治体主催の着付け講座がおすすめです。着付け教室によっては、教材として高い着物の購入を勧められたり、免状の手数料として数万円を徴収されることがあります。免状などは考えず、あくまで自力で着ることが目標なら、もっとリーズナブルな講座で良いでしょう。特に自治体で主催する着付け講座では、商品購入や免許取得の勧誘を心配しなくても良いので安心です。着付けに必要な物は自分で用意することになりますが、講座そのものの費用は安く済みます。まずは自分の住んでいる自治体や近場のカルチャーセンターで、着付け講座を探してみましょう。

着物ライフの強い味方

着物を毎日着る中で生まれたアイディアなど、現代ライフにぴったりな商品もふえてきています。たとえば、長襦袢を仕立てるときにはローズカラー仕様にすることでファスナーで半衿が取り外し可能なので、縫い付けをする必要がなく便利です。半衿のデザインも豊富ですし、洗濯ネットにいれて簡単にあらえるものも増えています。また、着物姿を洗練させるのが小物づかいですが、バッグも洋服感覚の配色やテキスタイルなどがあります。たっぷり入る横長の大きめサイズのクラッチや広げるとトートバッグに早変わりするものなどアイディア商品も多いです。草履の鼻緒とバッグの柄をお揃いにすることも可能となっているので、洋装のおしゃれを楽しむように着物も楽しめます。そして、長時間履くと疲れてしまう草履も真綿の草履台であれば足への負担も少ないので愛用する人も多いです。

着くずれしにくく美しい着物の着付け

着物の中でも人気のある紬は染めものに比べて滑りにくくて着付けも楽です。そのため初心者の着付けの練習にも向いています。使う小物は腰ひもと伊達締めの一本ずつのみで美しく着くずれしないように着ることが可能です。羽織る前に、着物の衿の中心を半分におり、つけられたスナップや留め糸をとめ中心にクリップをとめます。掛け衿のところで衿幅を内側に3分の1織り込んで左右二枚に合わせて持つのがポイントです。身体の後ろで両手で衿をもち肩に滑らせるようにして長襦袢の衿をくずさないようにはおります。片方で衿、もう片方で長襦袢の袖を持って手を通していきます。長襦袢の浮きをおさえるためには、一度手を後ろにしたときに崩れた長襦袢の衿をただし、内側に手を入れて下前、上前の順に斜め下に引くことが大事です。紬や小紋の場合は半衿を1.5cm幅くらい出すのがよく、着物の衿は左右対象になるように注意し、おはしょりは下前を折りあげてすっきり一重にします。丈は床につかずかかとがみえないくらいに着つけるのがベストです。