中学生 防犯

自分の子供が成長するにあたり手が離れていくものですが、成長していっても自分の子供の安全は守りたいですよね。中学生は、行動範囲が広くなり、登下校や塾等の1人になる事が増えてくる時期でもあります。親とのコミュニケーションを嫌がる時期があったり、行動を把握する事も難しくなり、心配が絶えない時期でもあります。そこで中学生でも抵抗なく安心して持てる防犯グッズを考えてみます。防犯グッズと言えば、まず防犯ブザーが思い浮かびます。ストラップを引っ張ると大きな警報音が鳴る定番グッズですが、いたずらや間違って鳴らしてしまうことも多く、どうせ間違いだろう、と見過ごされることも少なくありません。防犯面は日々進化しており、最新防犯グッズもデジタル化が進んでおり所持率も上昇傾向にあるようです。

中学生の最新防犯グッズと所持率

現在は防犯ブザーとGPS機能が備わった見守り携帯がメジャーで利用者も多くいます。利用料金はかかりますが、通常のブザーよりも安全面の強化が否めません。携帯の持ち込みは不可の学校でも、見守り携帯の持ち込みは許可されている学校もあり、安定に利用者がいます。ですが、デザインが子供っぽい事などの理由等で小学生に比べ中学生の所持率は低い傾向にあります。中学生用となると、今は時計型の防犯ウォッチや警備会社が提供している小型端末等があります。中学生向けとなると料金も多少高くなりますがその分機能も充実します。持っている事が恥ずかしい年頃でもブザーに見えないようなデザインなら抵抗なく持てると人気の傾向もあり、シンプルやおしゃれなデザインのブザーなども販売されている事も所持率が上がっている理由になっています。

改札の通過をお知らせする防犯見守りサービスとは

私立の中学校に通ったり、塾に通うとなると電車に乗って移動する子供もいます。最新の防犯グッズに、ICカードと連動したものがあります。それは改札を通過するだけで親御さんに通知が届くというサービスです。中学生に携帯を持たせる家庭は多くなく、子供の行動を把握するという点で利用者も増えています。利用料金は月額500円程とリーズナブルに利用でき、安全が守られます。実際に使用してみて、子供のおおよその帰宅時間の把握や無事に電車に乗った等、送り迎えをするのにもとっても便利のサービスと感じました。ですが実施している駅はまだまだ少ない上、身を守る為のものではないのでやはり身に着ける所持するタイプの防犯グッズは必要だと感じます。いずれも料金はかかりますが子供の安全には必要な事だと感じます。