産地のシンプル着物でおしゃれに

緯糸でさまざまな表情を織り出した横段模様は微妙な色合いが動くたびにやさしく揺れます。長野県上田市を中心に生産されている上田紬はしっかりと打ち込んで織るため着物の裏地を3度かえても着られるほど丈夫なことから三裏縞の名を持っています。さわやかな地色で春を先取りした装いとなり、この上田紬の横段は大人のカジュアル感を持っている一枚です。紅型の染め帯をあわせれば華やかさをだすことができます。また、ベージュがかったピンクと黄色で横段模様を表現した赤城紬は群馬県の赤城山麓でとれる節糸を使って織られたもので、特殊な玉繭から紡いだ糸は太さが均一ではなく独特なしゃり感があり、野趣あふれる織物に仕上がります。無地感覚の赤城紬は素朴な風合いが魅力ですから、帯あわせがしやすく更紗柄の帯を合わせることでモダンな印象にすることも可能です。

産地の個性がさまざまに表現される格子の着物

産地の個性があらわれる格子模様の着物は永遠の定番です。格子の大きさによって印象が変わり個性的なおしゃれを愉しむことができます。黒と藍で極小の格子を織り出した小千谷紬は洋服地のようになっているのが特徴で、スーツ感覚で着こなしたい一枚です。真綿色の糸をつかい織ったざっくりとした質感が模様に、より深みを添えています。また、逆に大きな格子柄となるのが三才山紬で信州紬の一種となりシンプルで大胆な一枚です。山野に自生する草木で糸を染め、緯糸に真綿の紬糸、経糸には生糸が使われています。そして、古くから織物の産地として知られている新潟県十日町市で織られている十日町紬は節のある糸にほっこりとした風合いが魅力です。淡いグレーの濃淡をベースにグリーンとピンクをプラスした楽しげな格子柄は春のお出かけに適していて中格子になります。

使わない着物はリフォームをおすすめします。

祖母や母から譲り受けた着物。着方もわからないし、着る機会もないからと箪笥のこやしになっている人も多いかと思われます。そういうときは、着物を現代風に作り変えて着るリフォームをお勧めします。チュニックやスカートなどはもちろん、バッグや小物などに作り変えることが簡単にできます。簡単というのは、反物を直線縫いして洋服に作り変える方法があるからです。型紙が不要ですし、曲線縫いをする必要もありません。ミシンがなくても手縫いで仕上げることが可能です。譲り受けた反物がない場合でも、安価に入手する方法があります。リサイクル市や蚤の市、アンティークマーケット、フリーマーケットで入手する方法です。安いものでは100円代から売っており、素材もモスリンや絹のものもあります。木綿でもしっかりしたものを選ぶと様々なリフォームに使えますのでお勧めします。