着物を着る文化を大切に

なかなか、着物を着る機会というのはないかもしれません。お祝い事があったりしても、強制的に着るということもありませんので、パーティードレスなどを選択してしまうのではないでしょうか。しかし、昔から代々伝わる和服でもありますので、この文化を大切にしたいと考えるのではないでしょうか。いざ着てみると、気持ちが引き締まりますし、昔から伝わるということで昔に戻ったような感覚になります。作法もきちんとしなければと感じたり、普段では気づくことができないことに気がつけるかもしれません。なかなか一人で着付けるのは難しいですが、今は着付け教室も流行っていて通っている人もたくさんいます。もし自分で着られるようになりたければ、こうした教室に通ってみてもよいかもしれません。着物の文化を、これから大切にしたいと感じています。

結婚式に着物を着よう

友人の結婚式に招待されてたときに、どのような服装にしようか悩む人は多いです。女性の場合は、ドレスを着る人が多いです。しかし、あまり派手なドレスや、白いドレス、丈の短いドレスはマナー違反です。もし、着る物に悩むのであれば、着物を選ぶという方法があります。着物は、会場が華やかになるため、新郎新婦や、新郎新婦の両親に喜ばれることが多いです。着付けなどの手間がかかりますが、とても仲の良い友人であれば、着物を着て行きましょう。未婚の場合は、振り袖か、訪問着を着ます。振袖は、成人式に着たものでも良いですが、新婦が振り袖を着る場合は、色がかぶらないようにしましょう。そして、成人式のような派手な髪型や、髪飾りなどはつけずに、シンプルなアップの髪型にしましょう。既婚の場合は、振り袖ではなく、訪問着を着ましょう。

七五三は着物を着て撮影をしよう

子供が生まれると、たくさんの行事を行います。その中でも、七五三は両家で揃ってお祝いをする家庭が多いです。七五三は、子供に着物を着せるため、準備が大変です。購入するのは、費用が高いため、最近はレンタルをする人が増えています。着物を着た姿で写真を撮りますが、専用のスタジオに行く人が多いです。スタジオには可愛いドレスや着物がたくさん用意されています。何着着替えても、撮影料しか支払わなくて良いため、たくさん着替え撮影するという人もいます。七五三は11月なので、10月や11月は、撮影スタジオがとても混んでいます。込んだ時に撮影をすると子供の機嫌が悪くなることもあります。もし、ゆっくり撮影したいという人は、夏前に前撮りをする方法があります。夏より前に撮影をすると、早撮りプランなどがありお得になることが多いです。